8/○~現在 
[ 日記 ]日記  | TOP ▲
Maruto!と申します。
漫画絵の仕事でご飯を食べています。
AC & PCのレトロゲーム好き。万年お仕事募集中です。

●SNS
『twitter(絵関係)』
『twitter(日常趣味呟き)』

●BLOG
『同人情報ブログ(DLsite BLOG)』
『ブログ(現在のページ)』

●絵と音
『pixiv』
『画像保管庫(tumblr)』
『おもてぐち』(ポッドキャスト)

twitter_icon.png64_pixiv_icon2.pngpodcast_icon.png
ご意見、ご依頼は以下のアドレスにてお願いします。
marutopic☆r8.ucom.ne.jp(☆を@に変更してください)
[2017/08/11 13:53] | [ 日記 ]日記  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『お○んちん姫』 
[ Pic ]同人誌  | TOP ▲
 お久しぶりの新作同人CG集です。
 「女の子から男の子へ」のTSFモノで、ファンタジーな異種姦モノです。
 よろしければ、是非!

↓画像をクリックすると、DL site専売販売ページに飛びます。
 それにしても、自分は本ブログの他に同人情報オンリーブログ

 ツイッターは
 『twitter(絵関係)』
 『twitter(日常趣味呟き)』
 あとマストドン……。

 なんだかわけがわからなくなってきました。
 一応ツイッターは絵(仕事)関係と日常垢は分けた方が良いと言われたので、現在のようにしたのですが、割と適当に呟いてしまっていますし、ブログの内容も被っているような……(T△T;)。
[2017/05/20 09:27] | [ Pic ]同人誌  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
さよならボクらの『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』 
[ 日記 ]ゲーム | TOP ▲
 『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』
 本ブログでも何度かブログ記事([日記]ゲーム項)で扱っている、PS3用の基本無料オンライン専用ゲームです。
 先日「2017年7月31日にサービス終了」という公式発表がありました。スタッフの方々、お疲れ様でした&ありがとうございました!(7月31日までサービスありますが!)
 
 くおぉ……か、悲しい。
 ガンダム・ゲームは数あれど、私にとってこの「通称バトオペ」が一番操作していて楽しいゲームでした。モビルスーツ(MS)がちゃんと重々しいのですよ(超重要)。
 今回は、ゲーム開始時から現在までの、思い出話などを諸々記します。長いですよ。

 忘れもしない、初回プレイ「新兵実戦訓練(1vs1)」では、自分が「ザクⅡ」で相手が「ブルーディスティニー1号機(BD1)」でした。
 BD1は当時機体コードを使用する以外では、その階級では使用できないもしくはドロップしない機体だったかと思います(実際自分は相当後にドロップ)。初回プレイで操作がおぼつかない私のザクⅡは、いいようにBD1に蹂躙されたのでした。
 その時は「酷いゲームだ!(涙)」と叫びましたよ。よくこの時に辞めなかったなぁ自分……。

 後々まで感じる事ですが、このゲームの練習は全て「新兵実戦訓練」か「演習場」での実戦プレイのみで、「一人で練習することができない」というのが相当敷居が高くなってしまっていたと思います。
 
 なんとか二等兵を卒業し、ベーシックルール部屋にお邪魔してプレイしつつも、どうにも上手くならない(一等兵あたりまでは、実はゲームの3すくみシステムすら理解していなかった!)。このあたりで「ゲーム実況動画」というのを教えていただき、上手い&楽しくプレイする方々の動画を見て勉強する事を覚えたのでした。

  初めて『ガンダム』、RX-78・機動戦士ガンダム! に乗ったときも嬉しかったなぁ(上画像はシチュエーションバトルの時のものです)。
 当時はシチュエーションバトルも無く、ガンダムに乗るには適正階級になって開発するしかありませんでした。ガンダムのゲームなのに、ガンダムに乗れるのはかなり後という。

 初乗りのマップは軍事基地で、開発していきなり実戦参加。ビームライフル装備。
 まぁ、ジオン軍団にフルボッコ状態でした。カラーリングはそのままで目立つしコスト高いし、はっきり言って良いカモ状態でリンチ状態……。
 自分が高コスト機にあまり乗らないのは、このガンダム初陣&散々たる結果が後を引いているのかも。
 画像下はジーライン・スタンダードアーマー。ジーラインシリーズやペイルライダーシリーズは、私的にもう完全に演習場専用機……。

 何度か「もう辞めよう」と思ったこともありました。
 たいていは「プレイ中の切断」や「FF(味方を攻撃、嫌がらせする輩)」するモラルの低いプレイヤーに当たる事が多くなった時ですが、「ペイルライダー・キャバルリー」が実装された時は、実際数ヶ月バトオペ断ちしてしまいました。

 基本的に一年戦争時~少し後のMS達がメインのゲームですが、この機体は全然お馴染みでない外観+転倒武器&ガトリングバリバリで足破壊~で嫌な存在でした。以前記しましたが、このゲームでの大きな不満のひとつがこの転倒武器で、当たると「ガキーン!」という音と共にMSが卒倒します。その卒倒モーションも含めて本当に萎えるのですよ。

 似たような攻撃をするMSはジオンにもガッシャがいますけど、あちらは外観が面白なので(;´ヮ`)。キャバルリーは見た目もお高くとまっている感じで、嫌だったなぁ……(今はどちらのMSも武器切り替えラグの補正が付きました)。

 階級が上がると、ハンガーを済ませた状態でないとちょっと躊躇してしまうのも辛いです。
 MSをカスタマイズする際に使用する拡張スロットをハンガーによって増やせるのですが、ハンガーの「成功/失敗」が完全にギャンブルでして……。

 課金をすれば成功確率が上がるのですが、自分はどのゲームでも確率系アイテム(必ず入手できるとは限らない)にはお金を出す気になれません。結果「ハンガー失敗続き&開発ポイント不足の事態」で、なんだか嫌になってしまいました。結局ハンガーは諦め、通常の部屋には入らずシチュエーションバトルもしくは演習場にしか入らなくなりました。

 継続していたログインボーナスも気にならなくなり、プレイの間隔が開くようになったのは、自分はこのあたりが原因でした。

 ゲームというのは好きな時に好きなようにプレイできれば楽しいのですが、ネット対戦専用ゲームは難しいですね。誰かの立てた部屋にお邪魔したら、好き勝手なMSに乗るのは躊躇してしまいますし、好きな機体に乗るために自分で部屋を立てれば、人が集まるまで何分何十分も待たねばならないという。
 このゲームの操作感でソロプレイできるゲームを出してくれれば最高なのに、とは何度も思いました。今でも思っていますよ!

 MSを降りて戦車に乗れたり、MSをリペアしたり云々がスピーディー(重要)にできたのも楽しかったです。歩兵時に見上げるMSの巨大感もよかったですね。

 このゲームでゲルググが好きになって、久しぶりにガンプラを買って作ったりしました。

 多くの基本無料ゲームやソーシャルゲームもそうですが、やっぱりサービス終了と共に、永遠にプレイできなくなるのはつらいですね……。

 自分はMSのレベル開放、カスタムパーツと武器、LV4ハンガーぐらいに課金をしましたが、商売的にはこういう形態の方が良いのでしょうか。繰り返しになってしまいますが、この操作感のMSゲームを普通の単品ソフトとして据置機でじっくり一人でプレイしたかったです。
 対戦ゲーム特有の面白さも、理解してはいるつもりなのですが、結局は人付き合いですからね。人付き合いだからこそ、課金せざるを得ない状況がうまれるのか、な……。

 バトオペ『NEXT』は軽いプラモデルのような挙動で、自分は移行できませんでした。
 今作のようなMSの挙動が重々しいゲームが、再び現れますように……。
 願!

)画像は、ゲーム画面が映っているモニタをデジカメで撮影したものです。
[2017/05/01 11:09] | [ 日記 ]ゲーム | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ふたたびガラパゴスに、帰還 
[ 日記 ]日記  | TOP ▲
 2013年の7月に、スマートフォン(以下スマホ)にしました。
 しかし先日、5年前に使用していたiida G11(いわゆるガラケー)に戻しました。

 理由は二つ、『高い料金を支払うほど、スマホを有効活用しなかった』『スマホにしてから電話しても出ねーぞ!』と複数の方からご指摘いただいた為。二つめのは原因わからず。着信ランプが裏面にあるので気付きにくいのもあるのですが、なぜか通知も履歴もない。何ででしょうかね……。
 スマホからガラケーにする人は結構多いそうなのですが、昔自分が使っていた機械に出戻る人はあまりいないとか。普通ならスムーズに移行できるのに、機械に以前の設定が残っていて、それが原因でロックされて移行できない……とショップで随分すったもんだしていましたヨ。

 スマホにしたての頃は、面白がっていろいろアプリを入れて遊んでいましたが、すぐ飽きてしまいました。
 一番スマホを持っていて良かったと感じたときは、架線事故で電車が長時間停止していた時に、別の帰宅ルートを検索&同じ状況に合っている人の愚痴をツイッターでリアルタイム観察した時くらいでしょうか。

 普段からスマホ内臓カメラよりは高性能のコンデジやGPSロガーを持ち歩いていますし。カーナビに使うにも、所有しているノングレア画面の小型ナビに比べてスマホは画面が反射してしまって見辛いし(特にオープン&昼間だと酷い)。遊びに使うにも、自分の使い方では割と中途半端な感じなのですよね……。

 また何か面白い活用法が見つかったら、スマホやタブはモバイルWiFiにて活用するとしますか。ガラケーだと解約後は時計関係くらいしか使用できませんが、スマホはWiFiで結構使えるのがいいですね。
 通話に関しては、やっぱりガラケーの方が全然使いやすいですな!
 
[2017/02/15 21:17] | [ 日記 ]日記  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
淫虐の書(kindle版) 
[ Pic ]同人誌  | TOP ▲
 巨乳メガネ少女が蹂躙される触手陵辱ストーリー『淫虐の書』がAmazon Kindle版で登場です。
----------------------------------------
「最初は自慰の延長くらいに思っていた…」

悪戯に召還してしまった古神の肉触手に蹂躙される巨乳メガネ少女。
触手達の淫虐な責めにはしたなく絶頂し尿を迸らせてしまう。
身体を這い嬲る触手達。激しい触手姦&肛虐。二穴輪姦快楽に溺れ
やがて腹が膨らむほど淫液を大量に注がれ続けられた少女は…。

基本枚数13P、差分込み計27ページの漫画風イラストストーリー!
----------------------------------------
『Kindle Unlimited』にて無料で読めます!
よろしければ是非。

[下の絵をクリックするとAmazonの紹介ページへ飛びます]。
 


[2016/12/31 10:41] | [ Pic ]同人誌  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
引き続きポッドキャスト 
[ 日記 ]ポッドキャスト | TOP ▲
 Maruto!
【twitter】 https://twitter.com/maruto
【pixiv】http://pixiv.me/marutoid

・ひっそりポッドキャストを始めております。
 ポッドキャスト『おもてぐち』関連
podcast_icon.png





[2016/12/01 01:05] | [ 日記 ]ポッドキャスト | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
(ほぼ)全作品30%OFF中です。 
[ Pic ]同人誌  | TOP ▲
 DLsite様にて同人作品が30%OFFキャンペーン中です(11/16(水) 正午まで)。
 『晶くんと悠くんで、遊ぼう!』以外の「ほぼ」全ての作品が対象になっております。
 この機会に是非!

【キャンペーン対象作品】↓
『晶くんで?遊ぼう!』
晶くんで?遊ぼう!

『悠くんで?遊ぼう!』
悠くんで?遊ぼう!

『異種姦性奴・孕ませ女戦士』
異種姦性奴・孕ませ女戦士

 上記のCG集の他、もう旧作で恥ずかしいので下げようか……と思案していた以下の作品群も対象です。
『Saki Pack !』
『MNOV』
『C-b+』
『M0712』
『鬼爪 設定&原画集』
『シャー・ゲルさん大変です(仮)』はこちらの申請ミスでキャンペーン対象外です……。

 新作の『カランバ女幹部(仮)』はもう少しお待ち下さい。
 すみません……。
[2016/11/08 19:32] | [ Pic ]同人誌  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ポッドキャスト『おもてぐち』他 
[ 日記 ]ポッドキャスト | TOP ▲
        
Maruto!
【twitter】 https://twitter.com/maruto
【pixiv】http://pixiv.me/marutoid

・ひっそりポッドキャストを始めております。
 ポッドキャスト『おもてぐち』関連
youtube_icon.png podcast_icon.png





[2016/11/02 03:38] | [ 日記 ]ポッドキャスト | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ガンダムバトルオペレーション その4 
[ 日記 ]ゲーム | TOP ▲
 PS3用基本無料ゲーム『ガンダムバトルオペレーション(通称バトオペ)』(前回記事:2016年2月16日)。今回で四回目の記事になります。

 ガンダムのゲームは数あれど、このゲームの操作感覚が一番気に入っています。モビルスーツが重々しくて、大変よろしい。
 しかしネット対戦オンリーのゲームシステムはちょっと……。敵も味方も人なので、どうしても気をつかってしまいます。内輪同士でプレイするならそれほど気負わずにプレイできるのかもしれませんが、自分にはそれほどゲームフレンドもいませんし、このゲームをプレイしている友人も階級差があって、ちょっと辛い。
 CPU相手に、好き勝手プレイしたいです……。

 そんなわけで、最近はゲームルール『演習場(自由に行動)』ばかりプレイしています。
 攻撃は基本的に壁や柱に向かってひとり攻撃ばかりですが、好きなモビルスーツを自由気ままに操作できるのが楽しい! 適当なところでモビルスーツを降りて、うろうろ歩き回ったりするのが楽しい! 本来ゲームって、そういう気楽なものじゃあないのか……。

 戦闘中には観察する余裕が無かった背景やオブジェクトが、結構細かく作り込まれているのに気がつきます。

 ↑:[地下基地]地球連邦軍モビルスーツ兵器工場入り口。
 中央の柱部分に「KEEP RIGHT」と「人禁止?」看板。ここから先は右側通行&車外に出るな、ということでしょうか……。
 この撮影をしたときは、なぜか敵側のスナイパー系モビルスーツと看板狙撃合戦になりました。

 ↑:[補給基地]車両。
 他にトラックもありますが、乗れません&破壊できません。このステージでは地下通路をアッガイでウロウロしたり、ビル屋上からライフルでオブジェクトや破壊可能なマゼラアタックを狙撃したりしています。

 ↑:[無人都市]市内中心部駅入り口。
 他にもポスターが貼ってあるバス停なども。凝っています。無人都市ステージは、様々なオブジェクトと歩兵が移動できる隙間があって、歩き回るのが楽しいです。

 ↑:[廃墟都市]敵側モビルスーツ三機。
 こうしてみると、GP02は身体部分だけだと結構コンパクトなのですねぇ。この廃墟都市ステージは、なぜかラグが酷かったり、行き止まりやモビルスーツが引っかかる箇所が多くて、私的にはあまり好きではないです。

 ↑:[採掘所]中継地点。
 ここでボンヤリと戦闘を眺めていたい。実際にやると、モビルスーツに撃たれたり踏まれたり、歩兵に殺されたり散々な場所です。
 採掘所ステージは、登るのが面倒&向こう岸から支援機にチュンチュン撃たれるのが嫌で、他ルールではまず参加しないステージですが、演習場ルールでは結構楽しいです。ダンプや建物など結構作り込まれていています。

 ↑:[鉱山都市]某ビル屋上。
 入り口、小さすぎませんか……。このステージでは、ガスタンク上やビルをピョンピョン跳び回って遊んでいます。ステージ端になると、まだ先が見えるのに透明な壁で阻まれるのが残念。

 ↑:[鉱山都市]
 PSNがもの凄く調子悪かったのでしょうか(6人部屋で結果4人が回線落ち)。マゼラアタックが高速移動したり、ジャンプしたり酷い事になっていました。ドムの人のドムモデリングがそのままマゼラアタックになっていたような感じでしたが……。過去にはモビルスーツが空中静止していたり、消えたりブレたりはありましたが、今回のようなケースは初めて見ました。
 左の建物の廊下に歩兵で行こうとしたのですが、この廊下(ベランダ?)の床部分は判定が無くて、そのまま透けてしまいます。


 毎回言っているような気がしますが、このモビルスーツ操作感とモデリングのまま1人プレイ可のソフトを待ち望んでいるのですが……出ないですねぇ(T△T;)。

)画像は、ゲーム画面が映っているモニタをデジカメで撮影したものです。
[2016/08/13 18:27] | [ 日記 ]ゲーム | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ポッドキャストも、もう第4回目です。 
[ 日記 ]ポッドキャスト | TOP ▲
 ポッドキャスト『おもてぐち』も、もう第4回です。
 今回は『アニメ新番組チェック・前編 ラブライブ!サンシャイン!!etc」』です。
 よろしければ是非聴いてみてください。
 毎度毎度、話が横道にそれまくっているので、アニメ新番組の話は、次回に続きます。

 『ラブライブ!サンシャイン!!』。感想の第一声が、キャラやお話を差し置いて、沼津の海の感想ですが……。

 アニメでも美しい海が描写されていましたが、実際に訪れた時も(過去ブログ記事参照)海も緑も綺麗な土地、という印象でした。
 今でも、自分の携帯の待ち受け画面は、撮影した沼津の海画像です。

numa_001.jpg
 ↑)こちらが目的で沼津に行ったのです。
 実は、水族館通いが趣味の一つなのです。
 
numa_001.jpg
 沼津港深海水族館は漁港の目前なのですが、ろくに海の幸も味わわず帰路についたという……。ド猛暑&オープンカー移動で、あまり生ものに食手が向かわなかったのも理由のひとつですが。

 沼津旅行も、過去記事を見て2012年の事柄だったことに驚愕です。
 旅行、したいですねぇ。

[2016/07/16 22:09] | [ 日記 ]ポッドキャスト | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲