サムライスレイブ 姫武者淫辱 
[ Pic ]お仕事紹介  | TOP ▲
二次元ドリームノベルズ『サムライスレイブ 姫武者淫辱』(Amazonリンク)。
そのカバー&挿し絵を担当しました。よろしければご覧になって下さい。
___著:新居 佑さん

___(08.1/31発売)




これまた表紙&中カラー絵の印刷具合が美麗でビックリです。
同社の『すうぃーとオフィス 誘惑の社長室』(Amazonリンク)の方ではかなり色味が変わっていて頭を抱えたのですが…。今回も特にパラメータやモニタ設定は変えていないのですが…。

装丁はこんな感じです。
ほおおぅ。

[2008/01/28 02:28] | [ Pic ]お仕事紹介  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
らき☆すた! 
[ Pic ]イラスト  | TOP ▲
1/10に本年度のリクエスト絵を募りました。
順位が2番目の絵を描きます…と宣言しましたが、正直意外な結果でした(^^;)。2位は『らき☆すた』の「かがみん」でした。個人的趣味でこなたも入れちゃったりして…。絵柄が似ないのは重々承知なので完全自己流で…ちゃんとキャラの雰囲気が出せていればいいのですが…。
壁紙サイズもありますで、よろしければ是非。

『投票結果』はこんな感じでした(サイトのGALLERYページへ飛びます)。
御投票&ご協力ありがとうございました!
PC故障で描くのが遅れてしまい、すみませんでした…。
【←1024×768サイズ壁紙】
クリックで大きい画像を別ウィンドウで表示します。
TVアニメの『らき☆すた』は最初「オタク知識に精通していないと楽しめないのかな?」と随分構えて見ましたけど、その辺のネタやノリに頼り過ぎていない造り…「私のような薄いのだか濃いのだかよく判らない知識の人でも大丈夫」という印象でした(もちろん知っていた方が楽しめるのでしょうけど)。のんびりした内容で見心地良いですよね。絵柄も可愛らしかったですし。
泉こなたの声をあてている(俗に言う中の人)のは涼宮ハルヒの人ですが、「ハルヒ」の割とキンキンな感じと「こなた」のミョ~ンな声が同じ人というのは…何というか「声優すげぇ」と思いました。というかこの人『キディグレイド』のリュミエールの人ですよね…同じに聞こえないのですけど…。

本編は大変楽しめたのですが、実は小生…当初あのOPがかなり苦手でして…元気がありすぎて(^^;)、見ていて妙な疲労感が。後半の方ではもう慣れましたし、本編にも伏線があったので結果OKなのですが。
後半の実写エンディングはちょっと…。
[2008/01/26 04:28] | [ Pic ]イラスト  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
姫盗人2008年03月号  
[ Pic ]お仕事紹介  | TOP ▲
comic姫盗人2008年03月号(Amazonリンク)



ピンナップイラスト(裏面)を描かせていただきました。よろしければご覧になって下さい。例によってモロ画像の修正は編集部におまかせです。下マ○コ(?)部分って修正対象なのだろうか…。

余談ですが、この画像を入稿直後にPCが壊れました。
描いている最中ではなくて本当に良かった…。



[2008/01/24 17:32] | [ Pic ]お仕事紹介  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
パソコンブレイク 
[ Pic ]イラスト  | TOP ▲
異音が鳴り響いているパソコンですが…問題のチップセットを交換してもカキンコキン言っているのは治りませんでした。いや、正確には異音の原因が「チップセット」の他に「電源」も重なっていたようで…。電源入れてから3分ほど経つと収まるのですが…。チップセットの方は交換したら確かに静かになりました。そのかわりHDDアクセス音が妙に聞こえるように…。
交換作業はマザーボードをバキンパキン、グリスで手がヌットヌトと困難を極めまして…もう二度とやりたくないです。ネジが2本足りなくなりました。何故…。
【↑】…なんでこんなことに。
元々は去年末のクリスマス絵用だったのですが、その時期は忙しくて大雑把なラフしか描けず。落ち着いた今、時期ハズレなサンタの格好を外してクリンナップしたら…こんなことに。最初はフルチンだったのですが…パンツ装備だろうがなかろうが、変態絵であることに変わりはないですね。
当サイト過去にULした女性絵は何故か比較的着衣率高いのに、男は全裸率が異様に高いですな!


*)リクエスト絵の投票ありがとうございました。只今集計しておりますが…かなり票が割れているみたいです…。
[2008/01/15 19:25] | [ Pic ]イラスト  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |