初Suicaは玉砕 
[ Pic ]イラスト  | TOP ▲
大阪出張から帰還しました。

滅多に電車利用しなかった小生も、この度ようやっとSuica世界に入門しました。
関西の地下鉄で、誰もいないときに恐る恐る使ったら…バチコーン!と扉が閉まりました。新大阪駅で「Suicaと相互利用できるようになった」みたいなポスターが貼ってあったのでてっきり…まだ私鉄では利用できない箇所があるのですね…。
だいたい横浜でSuica買って、わざわざ関西で初使用…というケース自体が珍しいような。
正直使用方法がよく判らなくて、初回は緊張しましたぞ!(そして扉は閉じた)

本当は地元駅からですとPASMOが一般的なのですが、なんとなくピンク色のカードが嫌だったのとSuicaのペンギンの方がカワイイかな?という理由から、Suicaを選びました(PASMOもロボがカードに描いてあったらよかったのに…)。買ってみたら…結構ペンギンの絵が小さいのですね。駅によく描いてあるペンギン顔のドアップが描いてあるのかと思っていましたよ…。
【↑】…に、似ない…。行きの新幹線『のぞみ123号』は300系でした。

N700系は外から室内を覗くと茶系のムーディーな感じで(照明がそうなのか、色ガラスなのかは判りませんが)、ちょっとしたSF乗り物みたいですね。ライトはエンツォみたいですし…。ですから自分が乗る便が普通の室内照明な古い300系と知った時はちょっと失望を禁じ得なかったですよ(^^;)。
しかし新幹線は前席まで空間があって快適ですねぇ。飛行機もこのくらいゆとりがあったら気が楽なのですが…。速度は…近間に物体が無い&たまに並走する車も殆ど高速道路だったりするので、スピード感が120キロ位しか感じませんね。揺れや音があまりしないのもスピード感の無さに拍車をかける要因というか。ミヨ~ンと加減速する感覚と、たまにエレベータの上下に似た感じがある位で。子供の頃に乗った新幹線はもうちょっと電車っぽい面影があったような…。
一度500系とすれ違いました。あれは色が違いますからすぐ判りますね。間近で見たいなぁ。あんなに子供の夢が具現化したような車体デザインは、なかなかありませんよね。
『銀河』廃止ももうちょっと遅ければ、初の寝台列車で大阪<>横浜帰宅というプランも立てられたのに…歴史の長い列車だったのに、よりにもよって今年3月に廃止とは…。
大阪080421
外を見ていれば退屈しないだろう…と思っていたのですが、名古屋駅あたりまではほとんど畑&田んぼ&山&トンネルという印象で、景色に変化が…。
写真は新大阪とはるかとマウント富士。富士山デッカイですね…。
あと誰だ関西の駅&車内放送は関西弁だとホラ吹いた輩は! ちゃんと標準語だったよ!(…というか街中で雑談しているオバチャン&姉ちゃん以外で生関西弁は聞かれなかった)。
[2008/04/21 11:50] | [ Pic ]イラスト  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
二次元ドリームマガジン 2008年06月号 
[ Pic ]お仕事紹介  | TOP ▲
『二次元ドリームマガジン 2008年06月号』
(Amazonリンク)




『サムライスレイブ 姫武者淫辱』(Amazonリンク)短編用イラストを描かせていただきました。よろしければご覧になって下さい。

私的にはなかなかダイナミックな構図で描けてお気に入りです。本編イラストでもこのような絵がちゃんと描ければよかったのですが…。海軟系触手を描いていると…止まりませんな!

[2008/04/16 03:10] | [ Pic ]お仕事紹介  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
何事も華麗に可憐に 
[ Pic ]イラスト  | TOP ▲
早くも暑くなってきてやや憂鬱です。
せめて安定した気温変化にならないものでしょうか地球星。

さて、先日のF1・バーレーンGP。ハミルトンが琢磨とフィジコに対してとった非紳士的態度が全世界に中継されましたが…あれは海外で話題になっているのでしょうか(ああいった事は海外の方が敏感でしょうし)。両者とも同一周回ですしねぇ…アレは…かなり格好悪く見えました。見ていて気分も悪くなりましたし。
ああいった事は昔から度々ありますけど、今回の件が妙に苛立つのは「一度ならず二度までも」&「そもそも手前のせい」(「チーム力の差による上から目線」というのは言い過ぎかしら)だからでしょうか。さすがに解説陣も二度目は呆れ果てていましたし…。
最高の環境でデビューしたハミルトンですが、07年シーズンのようなチャンスが「彼には二度と来ないかもしれない」というバトンのコメントは何とも重いです。「あの時俺も…」と思っているのかもしれませんねぇ…。そういう事、ありますよね人生ってやつは。
以上、前回のF1雑感…でした!
【↑】…絶チル・薫のつもり。
私的に回し蹴り描写があると無条件でお気に入りにキャラになる…気がします。3人娘の中で一番描くのが難しい…何度描いてもアニタ(R.O.D THE TV)っぽくなってしまいます…。

それにしても…うーむ!触られて「チカーン!と言われて吹っ飛ばされて、人型の穴が開いて…」というのも猛烈久しぶりに見ました! これは中指と薬指を折り曲げたポーズで吹っ飛ばされて星になる…なんて描写が今後出ても小生驚きません…。テレポーター等の用語って今でも普通に子供に通用するのですね。
浮いている&飛ぶ事が多くてミニスカ姿で下着を見せちゃいけない…というのはアクションを描く方も結構構図に苦労しそうです。

この作品に限らずなんだか「白目面積増=黒目面積減」が再び戻ってきつつあるような気がします。一昔前は本当に黒目面積が大半を占めて人形のような眼球の絵柄が多かったですが、それは可愛くは見えるのですが少し表情乏しくなりがちというか…目の演技がし難いので「う~ん…」と内輪で悩んでいた時期もあったので…私的には嬉しい傾向であります。
[2008/04/10 11:46] | [ Pic ]イラスト  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス 
[ Pic ]お仕事紹介  | TOP ▲
依頼を受けた時、「これは…正式タイトルなのですか?」と聞いてしまいました。
「大戦(略):たいせん(りゃく)」が「大戦略:だいせんりゃく」にかけてると気付いたのは、つい先日の事…。入稿後もずっとPC版だと勘違いしていたのですが、聞けばぬぁんとぷ、ぷ、プ…プレイステーション2(PS2)&PSP用ソフトだそうじゃあないですかあぁ! さすがに小生宅近所の田舎家電量販店でもPS2&PSPソフトは置いてありますよ!

…という訳でPS2&PSP版『萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス』 のキャラ「エイミー」の原画を担当させていただきました。公式サイトで発表なされたので、よろしければご覧になって下さい。

新キャラという事でもの凄く大きく取り上げていただいていますが…なんだかとっても嬉し恥ずかしい! そして完全に浮いてます! どのくらいの浮き具合かというと…
----------------------------------------
「『ガンダム00』の中で一人だけ『プリキュア5』やっている」ような。
「生命体8472やボーグと戦っている深宇宙調査船の中で、一人だけ特攻野郎」…。
「『レッドオクトーバを追え』のポスターで一番大きく描かれているのがサム・ニール」とか「『ザ・ロック』でショーンコネリー&エドハリス&ニコラスケイジより大きくマイケルビーン」…みたいな…。
----------------------------------------
うまく言えませんが、そんな感じです。なんだかこう…すみません…。でもこんな機会は滅多にないのでプリントスクリーン!…してニヤニヤしております。

多数の作家さんが参加なされる中、私だけ「誰?」みたいな印象だと思われますが…あ、初めまして。Maruto!と申します。宜しくお願いします。
『萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス』応援中!
エイミーは非常に優秀なキャラ…ですが私自身のシミュレーション戦歴は(大戦略ですが)「物量作戦で大渋滞」や「飛行機飛ばしすぎて燃料切れで全部墜落」等、かなり頭の弱い散々なものでした。懐かしいです。

ソフトが発売されるのは相当先のようですが…発売間近になりましたら、また再びご報告できれば、と。
[2008/04/05 15:37] | [ Pic ]お仕事紹介  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ようはドコに折り合いを付けるか、 
[ Pic ]イラスト  | TOP ▲
ニュースを見ていても「なんて嫌な世界だろう…」という嫌悪感しか得ない…という理由から、スッパリ社会的ニュース(TVニュースを見ない&インターネットでもニュースサイト関係に立ち寄らない、mixiでもITニュースのみに設定)を閉ざしてから結構な日数が経ちました。
そんな訳で今、小生は相当世間の話題には疎いはずですけど…世間が大騒ぎしているニュースはたいてい人伝に耳に入ってきたりしますし、特に社会生活に支障はないものなのですね(^^;)。
【↑】…フェルト・グレイス…のつもり。
こんな過剰発育プリンプリンや背中丸出しボインボイン、酔っぱらいのバインバインな人達が居るとっても目のやり場に困る居心地の悪そうな職場。それがソレスタルビーイング。武装が無い船で砲撃士のマッチョはなんだかゲイっぽいし…。


『ガンダム00』最終回&1話・視聴感
むぅ…「数年後」の第二部ですか…登場人物が途中で歳を老ってルックスが大幅に変化するのは、私的にはあまり肯定的ではないのですが…。いつもビルの窓から街を見おろしてニヤニヤしていた…という印象しかなかったアレハンドロ君。彼が金ぴかワニ亀のようなモビルアーマーからこれまた金ぴかの羽根ジム(みたいなMS)に乗って登場したとき、リアルタイム視聴者の心が一つになった気が…しました(^^;)。「カ…カッコ悪!!」

あああ…終わっちゃったーと思った途端に始まった再放送。先の展開を予想し楽しむ…という事はもう出来ませんが、キャラ名や用語等は既に判っていますし復習といった意味で思った以上に楽しめました。やっぱり王留美のチャイナ服には詰め物があるとしか思えません。姫様は…初登場からTVっ子だったのですね。TVに始まりTVに終わる姫君、そりゃあ国民もポスター剥がして燃やしますわ…。最終話で姐さんも出て行っちゃったし…。
最初のOP、エクシアがクルクル回っているシーンが大好きなのですが、改めて観てもグッときますな!



『twitter』は未だ良くわからないのですが、とりあえずひと月は続けてみます。独り言を延々と続けているようで怖くなってきますね…格言でも記せばいいのかしら…。
[2008/04/03 14:37] | [ Pic ]イラスト  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |