ふひー 
[ Pic ]イラスト  | TOP ▲
『咲-saki- 7巻』
なんだか急激に絵柄が可愛くなっているような。
蒲原さん体育会系なのでしょうか。みはるん随分可愛くなったなぁ。

3/25(日記リンク)に購入したPSPゲームは、その後チマリチマリとプレイしています。
何故か蒲原さんと文堂さんにボコボコにされる事が多い気がします…。
ストーリーモードは「原村さんが自宅に宮永さんを連れ込んでアレコレよからぬ事をしようとするけれど、他校の生徒が次々と原村邸に土足で入り込んでは邪魔され、原村さん涙目になる」というお話でした。
…。

線画描写の遅さが悩み所です。
ラフをクリンナップする際の迷い線が時間がかかる大きな原因でもあるので、直接ラフ画をトレースしてクリンナップできる液晶タブレットだと少しは作業効率上がるかしら…。
液晶タブレットは高価&巨大で、部屋レイアウトを根本的に変えないとアカン…というのが悩み所です。
お試し期間みたいにレンタル可能だと使用勝手が掴めて嬉しいのですが…(;´ヮ`)。
[2010/04/28 16:52] | [ Pic ]イラスト  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
オッパイよオッパイ 
[ Pic ]イラスト  | TOP ▲
アニメ『聖剣の刀鍛冶』を一気視聴しました。
…何というか『ファンタジー』って昔から変わりませんねぇ…。

他作品ではセシリーのようなキャラは割と鬱陶しいキャラになってしまう事が多いのですが、この作品では最後まで可愛いくて良かったです。魔法が「思ったより」少なかったのも好感度高かったかな…ファンタジーといえば魔法でしょうけど、魔法は「何でもあり」過ぎて、結構描写の逃げ道になっていたりもするので。

本放送時はさぞかしオッパイ鎧について議論されたのでしょうけど、…普通にバストサイズに合わせた鎧が用意してある女性用鎧屋があるだけではなかろうか…。

ファンタジーっていわゆる壮大なアウトドア生活じゃないですか。
私的には生き死に云々の戦闘関係よりも「食事・下着・トイレ」描写に気を使っていただきたいのです(キャンプで最も重要な部分でしょう!)。でも後ろ二つは今ではただ下世話な描写になるだけかも…。
『聖剣の刀鍛冶』は食事が美味そうでした。基本「石と木」な街中で、服屋のハンガーかけのポールが金属っぽいのが「ん?」とは思いました(;´ヮ`)。
[2010/04/22 15:12] | [ Pic ]イラスト  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
淫虐の書 
[ Pic ]同人誌  | TOP ▲
 珍しくコミケ以外での同人活動ですが…よろしければご覧になってください。
 眼鏡っ娘触手陵辱モノ。下の絵の通り18禁です。
 このブログ(とサイト)自体も一応18禁なのですが…。

 [ 下絵クリックで紹介ページに飛びます ]


 触手を描くのが楽しすぎます。
 DLオンリーは初めてなので、右も左も判らず戸惑っています。
 基本好きなモノを描くのですが、やはりある程度の需要と傾向は把握しておきたい…いろいろご意見いただければ幸いです。
 奥さん系や昔のアニメものが受けるのかなぁ…うーん…。


 
[泥酔桜国] の【淫虐の書】 

[2010/04/11 20:36] | [ Pic ]同人誌  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
心機一転…なのか? 
[ 日記 ]日記  | TOP ▲
見た目上更新が滞っていたサイトの方を、先程リニューアルしました。
思い切ってシンプルにしましたが、シ…シンプルにし過ぎたでしょうか!?

男らしくhtml文手打ちでセコセコやりました。
「Firefox3.6.3」と「IE8.6」で確認済みです。
やっぱりホームページビルダーとか購入した方がいいのかしら…。


当初は「絵」ページも消滅したのですが、あまりにもあんまりなので急遽作成。
絵のデータ自体は削除されていないので、ブログ上で公開した絵はそのままブログでご覧になれます。新サイトから消えた「link」ページですが、実はブログ右下の「サイトマップ」の「旧サイト・リンクページ」から辿れます。主に自分用ですけど…。

驚いたのがサイトアドレスがいつのまにか変わっていた事で。
管理会社が変更されたからでしょうか。「http://www.exyc.bias.ne.jp/~maruto/」から「http://www.lwt.bias.ne.jp/~maruto/」になっていました(全然気づかなかった…)。
旧アドレスを入力してもそのまま自動転送されるのですが。


ところで、このFC2ブログ…最近表示が遅くなっていませんか…。
[2010/04/11 02:08] | [ 日記 ]日記  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |