走れ、○意とともに 
[ 日記 ]くるま | TOP ▲
 土曜深夜、首都高横羽線で横浜方面へ。
 湾岸線の方ではなく、こちらは久しぶりに利用しました。
 相変わらず段差のショックがヒドイですね。

 ガタン、ガタンと首都高の段差のショックが腰に響きます。
 ヒーターで足下はやんわり温かく、上半身はひんやり。
  ・
  ・
  ・
……すっごく尿意を促しますね……。

 大黒PAへまわってお手洗いを利用しますか……と思ったのですが、案内板には『規制中』の文字が。
 う~~~ん、もしかして、相変わらずサタデーナイトの大黒PAは田舎ヤンキーのフィバる場になっていますか!

 結局大黒PAには向かわず、尿意と戦いながら帰還しました。
 今思えば、高速を降りてから自宅まで何軒かコンビニエンスストアや公衆トイレのある公園がありますし、いくらでも対処する場所はあるのですが……まったく融通が利いていません。

 それにしても……首都高では左右から合流、しかも本線は工事中で車線規制。合流時の加速車線(?)の距離がこれまた短い……。その合流地点に故障だか事故だかのトレーラーが複数台停車中。あげくは保土ヶ谷バイパスへ合流する狩場地点にある「消える車線(該当地点:YouTube動画リンク)」と短い距離でもデンジャラスゾーン満載です(昔から狩場付近は両車線とも危険地帯ですが)。
 もう少しなんとか安全に走りやすい設計できないものでしょうかね、日本の道路。

 今回もこんな、いかにもブログ日記らしい記事で失礼させていただきます。
[2012/11/28 22:48] | [ 日記 ]くるま | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
近くてやや遠い、そんな未来な車 
[ 日記 ]くるま | TOP ▲
 日産が量販する電気自動車『リーフ』(webカタログ)の試乗をしました。
 日産リーフは11月22日にマイナーチェンジが施されました。試乗した車はそれ以前のモデルです。

 当然、キーをひねってブロロロン……とエンジン始動という動作は無いわけで。車が寝ている状態から「走行可能ですよ」状態になるのに機械的振動が無いというのは、なんだか怖いです。これは慣れでしょうかねぇ……。

 「先生! 何が何やらさっぱり判りません!」

インパネは二つに分かれていて、画像には写っていませんが上に独立したUpper Meter(スピードメーター、アシストインジケーターや時計等)があり、その部分とバッテリー残量計(上画像右部分の数字は:「あと117km走れますよ(予想距離)」の意味です)を見ておけば、とりあえずは大丈夫……との事。写真のメーター部分はLower Meterと呼ぶそうです(カタログから抜粋)。

 一番上の○の羅列は、モーターの状況を示しているそうで(後で知った……)。
 画像の中立状態から右へ○が増えていくと、モーターが駆動に「エネルギー使ってるぞ」状態。左側に○が増えると回生ブレーキによって「エネルギー蓄えてるぞ」状態だそうです。
 メーター位置と主張から、ガソリン車のタコメーターのような印象を持ちますけど、実際はちょっと違いますね。

 「先生、コレもどうやって操作したらいいのでしょう……!」
 滅多にAT車を運転しないので、乗るたびに言っているような気がしますが。
ちなみにサイドブレーキは、レバーをちょんと引いて使用します。バイワイヤーで、今やゴキキキとワイヤー引っ張る感触ゼロですな(;´ヮ`)。
 解除に若干のタイムラグ(0.5秒ほど)を感じます。これはMTで操作するより今の自動変速MTの方が遙かに早いのに、それでもラグを感じるのと同じようなものでしょうね。

 運転中の画像は無しです。
 ムーンと静かな音を出しながら走行。……ホントに静かですね……。ここまで自分が発する音がしないのなら、車内で音楽とか聞いても落ち着くかも。回生ブレーキの音もあって、車内で聞こえる音の印象は「ガタンゴトンのレールの音がしない、とても静かな電車」。まったく無音じゃあないのが、いいですね。

 普段運転しているのが小さくて低い車だからか、ミニバンを運転しているような視界です。個人的には右折時に「ピラーが邪魔だなぁ」と思ったのですが、最近の車ってピラー太いですものね。
 乗り心地は……これも普段ガタピシ車に乗っているので、そりゃあ乗り心地良いですよ! 良すぎですよ!!

 電気自動車として現実的にネック部分はやはり車両価格と電池問題ですよね。車両価格は主力機関車種じゃあないゆえ、仕方無いか~ですが。
 電池に関しては、金銭以前にガソリン車の給油時間と手間並にならないと難しいかなぁ……。
 割と行き当たりばったり給油な自分は、出先の手間を考えると「充電時間(急速充電で約30分)&航続距離の短さ」はまだまだ怖いです。上画像メーターの予想航続距離が、少ない運転時間中でも結構変化するのですが、そのときにビクビクするのはその手間と時間に対する恐怖感かと。
 充電スタンドで満タンバッテリーを「ホィ、交換!」カチッと取り付けて即走行可能、みたいなシステムならいいのですけど。

 横浜は他地域に比べて結構な数の充電ポイントがありますが、それでも電気自動車の台数が増えたらすぐ「充電中:満車」状態になる程度でしょう。出先で充電ポイントに駐めて、買い物中に充電……とある程度の計画性あるライフスタイルの人なら問題ないのでしょうけど。出先の駐車場に豊富な充電ポイントがあるのも、あらかじめ知った上で行動しないと。

 裕福そうな家のガレージにリーフが佇んでいるのを、何件か見たことがあります。使用は近所オンリー、遠出をするなら別の車で、という使い方かもしれませんね。

 ガレージで、鼻部分に充電ケーブルが接続されながら居るリーフは、見た目も結構可愛いですよ。
[2012/11/23 20:46] | [ 日記 ]くるま | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
まってるぜ!(地獄で) 
[ 日記 ]日記  | TOP ▲
 パチンコ屋さんの看板です。少し前の画像ですが(↓)。
 自分はパチンコ等をやりませんので、この看板が意味するセールスポイントは今ひとつ判りません。
 
 しかし、なんというか……。
 遊んだ後に幸せになる感じが、全くしないのですが……。

 嫌な組み合わせというか、逆に相性が良いコラボというか。

 先々週から続いていた発熱。
 周囲から「インフル?」「肺炎?」じゃないかと言われたので、ホスピタルへ行きました。
 診断結果は『長い風邪』。 
 ……以前なら薬を飲んで一晩寝れば、ほぼ治ったものですが(T_T)。
[2012/11/16 10:32] | [ 日記 ]日記  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『2』っぽいですよね…… 
[ 日記 ]日記  | TOP ▲
 先日(11月7日)は関東各地で霧模様だったそうで。
 ウチの方も↓画像のような状態でした。
 
 まさにリアル・サイレントヒル状態。
 散歩中の大きな犬がいて、「ハァッハァッバァウ」「タッタッタッ(足音)」と音だけが聞こえて、臨場感バッチリでした。

 先週からどうにも熱が下がらず。38度~39度をウロウロしています。熱はあれど胃も正常で頭痛もせず、食欲もそのままあるので、何だか妙な感じです。
 しかし熱のせいか脳のミソは正常な判断ができないようで、うっかりミスが多くて仕事がどうにも進みません。

 そんな体調なのに、この濃霧状態が「興味深~い」と徘徊したせいなのか、いまだに熱がまったく下がりません……。
 サイレントヒルごっこなんぞをしている暇は、本来まったくないのです。
[2012/11/08 13:04] | [ 日記 ]日記  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
Forza Horizon 
[ 日記 ]ゲーム | TOP ▲
 『Forza Horizon』を購入しました。
 また車のゲームですか? という感じですが。

 前情報では『テストドライブ・アンリミテッド』のようなゲームを想像していましたが、実際にプレイしてみると『アリゾナ版・首都高バトル』でした。

 あまり速くない車でマッタリとドライブをするのが楽しいです。

 ドライブコースは青空、夜間、峠道や高速道路、住宅街と多彩ではあるのですが、紅葉風景や岩場地帯・夕暮れでのレースが多いので、なんとなく「ずっとオレンジ色の風景を走っている」みたいな印象です。
 『csi:マイアミ』画面のように、実際にオレンジのフィルタがかかっているのかな。

 ↑)クリックで拡大します(twitpic)。上手く撮れなくてノッペリしていますが……実際はかなり綺麗なゲーム画面ですよ。
 ストアフロントで購入したバイナリデータを使用してこさえた『Forza Motorsport4』痛車データを、『Forza Horizon』で使用したものです。

 体験版をプレイした時から、ひとつ気になっていたことが。
 走行時は普通のレースゲームと変わりませんが、なぜかメニュー画面等で
激しく画面が揺れまくります

 「これは、車酔いを表現しているのか?」と思ったくらいです。
 レースゲームで3D酔いは滅多にしませんが、このゲームでは少し気持ち悪くなってしまいました。

 これから、こういった無駄に派手なメニュー画面が流行していくのだとしたら、個人的にかなり厳しいです。
 ゲーム自体はとても楽しいだけに、辛い……。
[2012/11/01 05:44] | [ 日記 ]ゲーム | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |