Crime Scene Investigation 
[ 日記 ]日記  | TOP ▲
昨夜、WOWOW放送の海外ドラマ『CSI:8』(ベガス)が最終回でした
毎度お馴染みクリフハンガーでした。

基本的には一話完結形式で話が進んでいく同シリーズですが、うううーん…最終回だけクリフハンガーって…どうですか?(;´-`) 『CSI:NY』のマックテイラーは拉致されたままですし、『CSI:マイアミ』のホレイショケインは這いつくばったままですし、『クリミナルマインド』は誰かが爆死(?)したままですし、『コールドケース』のリリィラッシュは目開いた怖い顔のまま半死状態でしたし。
本国的には盛り上がるオチかもしれませんが、日本で放送分はもうだいぶ時間が経った後なので…正直申しまして自分はこの手の最終回を迎えると速攻で海外サイトへ向かってネタバレ記事を読んでしまいます…(英語なので半分判ったような判らないような具合がまた丁度良いのです)。
ウチにある唯一のCSI:グッズ(お土産で戴きました)。
凶器になるくらい重くて固いマグカップです。ルミノール反応は出ません。
登場人物の左遷騒動や重傷エピソードを観ると「役者の賃金交渉が上手くいってないのかな」と思ってしまうのは、物語を楽しむ上では好ましい考えではないというのは重々承知してはいますけど、実際そういうケースが多いので…。『CSI:8』では中の人(?)がリアルに捕まってしまった事によるそうですが、それでも退場エピソードがちゃんとあるのはキャラクター的にはとても幸せですよね。
問題はWOWOW放送時のナレーションはどうなるのかということでー…声だけ引き続き登場なのかしら…。

今回の『CSI:8』エピソードは17と少ないのは(通常は23~)脚本家組合のストライキが原因だそうで…そういえばストライキ騒動、ありましたねぇ…。
関連記事
[2009/08/09 15:10] | [ 日記 ]日記  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |