悲しいけれど必要なメンズ 
[ Pic ]イラスト  | TOP ▲
かおりんの後頭部が映った時点で、もう透華の負け確定が想像できる…ヽ(;´ヮ`)ノ。
そんな『咲-saki-』21話視聴感。
「ただそこにいるだけの使いっ走り」状態の京太郎君ですが、私的には彼の存在ってかなり重要というか助かっています。度々記していますが「女しか居ないアニメ」はどうにも見心地が悪くて。たとえ美少女主体の作品でも出しゃばりすぎず空気のような存在(涙)の男性キャラが居た方が、男子禁制空間を感じなくて見易い…かなぁ…というのが私見です。
↑キャプテーン、柔軟剤使ってるんっスか!
麻雀の腕前はわかりませんが、確実に上埜さんより勝っている部分が一つある…ような。全自動雀卓って結構ハイテクだと思うのですが、キャプテンが触ると爆発したりしないのかしら…。それにしてもこんな特徴ある外観の人を忘れているという部長も如何なものかと思います。

後は…むっきーはなかなかのハスキーボイスで良い感じですが、今回以上にセリフが多い回は今後存在するのだろうか。ともきー地味に根に持っていた。せっかく咲と対戦しているのに出番薄いみはるん。「弓道部?」みたいな外観の新キャラクターは、何となくデザインが世界観違うような…随分前の話で不自然に観客席後ろに立ってた人?
そんなピンポイントな21話の萌え感でした。
関連記事
[2009/08/26 02:20] | [ Pic ]イラスト  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |