ipadが私のヨコ文字を認めてくれない 
[ 日記 ]日記  | TOP ▲
 ipadの音声入力。これがなかなかのスグレモノです。

 日本語の「単語」は結構な認識力でした。はたして「セリフ」ならどうか。
 手元にあった漫画本のうち、三冊から三つを発声してみました。

 【答え】
 「アヤさんが買ってくれたスカート短すぎるからダメよ」
 「無事とかそーいう問題やないんです!」
 「カクテル系ならたぶんいけるだろ…」

 おぉ、やるじゃあないですか。
 三点リーダー(…)や「!」は、どう発音すれば認識してくれるのだろうか。
 関西弁は、関西の方が正しいイントネーションで発声すれば、きちんと関西弁のセリフとして認識するのでしょうか。

 「長い文章や歌は?」と試みようとしました。しかし私がつっかえたり間違えたりで、正確に入力ができませんでした。
 自分にとってこの入力方法は、まだ恥ずかしかったり、緊張したりするのです……。

 日本語の認識度は満足です。では英単語ならどうでしょう。
 手近なところにあるDVDのタイトルと、最近観た映画タイトルを「英語キーボード・音声入力」にして発声してみました。

 【答え】
 『Tron: Legacy(トロン:レガシー)』
 『The Crazies(クレイジーズ)』
 『Starship Troopers(スターシップトゥルーパーズ)』
 『Zombieland(ゾンビランド)』
 『Knight and Day(ナイト&デイ)』
 『Vanishing Point(バニシングポイント)』
 『Red(レッド)』

 ひどい。
 私のジャパニーズ・イングリッシュは、ipad様には通じないようです。
 音声入力モードは素晴らしいです。今後は「ニホンゴエイゴ・音声入力モード」の開発が急がれますな!
  ……。
関連記事
[2012/03/30 14:52] | [ 日記 ]日記  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |