ポッドキャストを始めました 
[ 日記 ]ポッドキャスト | TOP ▲
 暇に飽かせて友人とポッドキャストを始めました。
 番組名は『おもてぐち』です。
 よろしければ是非聴いてみてください。……と胸を張って言えるような内容ではありませんが。

 【番組ブログ】http://omoteguchi.seesaa.net/

 
twitter_icon.png youtube_icon.png podcast_icon.png
 留守番電話以外で自分の声を聞いたは初めてでした。しかも長時間。
 とても気持ち悪いですね!(T_T) 
 自分の喋り方は、こんな感じだったのか、というのも初めて知りました。第三者に聞かせることを意識しない会話というのは、こうも無防備でいい加減なものだったのねー……。

 自分の音声のこもりっぷりは、滑舌や話し方でどうにかなるものではなさそうなので、機材や録音方法を考え直しますか……。
 初めてづくしなので、とても楽しいです。番組が楽しいかどうかは別ですが。
 番組……? というより、ぐだぐだ話しているだけですが!
 
[2016/06/28 16:00] | [ 日記 ]ポッドキャスト | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
万年素組み野郎が、天津風を。 
[ 日記 ]日記  | TOP ▲
 ホビーに明るい友人から、天津風をいただきました。
 実は、手元に届くまで『艦これ』の美少女フィギュアだと思っていました……。

 ウォーターラインシリーズ、懐かしいです。
 今は結構イイお値段になってしまっているのですね……。
 軍モノ関係に全く疎かった自分は、子供の頃に「1箱に2隻入っていてお得」という理由で小型の潜水艦、「飛行機がたくさん入っていてお得」という理由で空母を選んだりしました。

 ↑)灰色一色だー……。
 最近はすっかりガンプラ素組みオンリーで、感覚が麻痺していました。
 そういえば、プラモデルとはこういうものでした。

 余剰パーツがたくさんあったので、本来積んでいない武装を追加したり、飛行機を積んでアレでナニなオリジナルの天津風にしてしまおうか。色もハイカラにして。
 などと一瞬考えましたが、ここはひとまず説明書通りに組むことにしました。

 ↑)部品、小さっ! 事前にピンセットを用意しておいて、本当によかった。
 コレ、艦橋とアンテナ(?)です。
 パーツを接着(接着剤を使うのも久しぶり)する箇所に凹みがあるところもあるけれど、ほとんどは何も印無しなのですね。
 位置決めは、自由にやれ! という事か。

 ↑)大きさ対比用に、0.5mm芯のシャープペンシルと一緒に置いてみました。
 子供の頃に作った時は、糸引いたセメダインでベッタベタになりましたが、あの時よりはマシになりました。
 
 当初は素組みで終了のつもりでしたけど、灰色一色ではあんまりなので、部分部分に色を入れる事にしました。
 取り付けた向きが、ちゃんと合っているのか、パーツが小さくてイマイチよくわからない。

 ↑)ビロ~ンとしたパイプ(?)の取り付け位置を完全に間違えています。正確には艦橋の横にある穴に刺します。この後なんとか外して、正確な位置に付け直しました。
 甲板部分をブラウンで塗りましたけど、そういえば子供の頃に筆塗りで塗った時も、こんな感じでガビガビヘロヘロになったなぁ……(T△T;)。

 船体サイド部分は、素の状態では表面がツルッツルで何もなかったので、熱した針で窓を開けました。
 しかし針が太すぎました。窓というより砲弾の跡のようです。ううう……。

 一応、完成……ではあるのですが。
 出来が気まずいのは、重々承知しております。でも、楽しい!

 ちょっと手を加えるたびに、たとえ失敗したとしても「私の船」感になる喜び。上にも記したとおり、余剰パーツも付属していますし、位置決めも自由。ですから極端な話、武装は全部魚雷にしてもいいですし、飛行機を積んでもいいし、艦橋を前後逆に接着してもいいのよ……。
 そして、この「私の船」を肴に、自作物語を夢想するのです。

 プラモデルを作る楽しさって、これですよねぇ。
 この素晴らしい感覚を、イマドキの子供達も味わってほしいです。
 いろいろなものが育まれます、絶対。

 さぁ、次は何を作りましょうか。
[2016/06/01 00:02] | [ 日記 ]日記  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
わたしが神か親方か、『A Kingdom for Keflings』 
[ 日記 ]ゲーム | TOP ▲
 少し前のおはなし。
 可愛いキャラクターが家を建てたりイロイロやっている『ドラゴンクエストビルダーズ』。楽しそうだなー、しかしこんなゲームに手を出したらそれこそ一日中仕事放り出して遊んでしまう……と思い、手を出しませんでした。でもやっぱりプレイしたい……。

 家を建てたり? 町作り? 
 昔xbox360でプレイした町作りゲーム『A Kingdom for Keflings』を思い出し、xbox oneで久しぶりにプレイしてみました。あってよかった下位互換機能(対応していないゲームもあるけれど……)。

 以前プレイした時は、ちょいちょいイベントが発生したのですが、今回は何も発生せずひたすら建設の日々。フラグが発生するような行動をしていないのかなぁ……。

 ゲーム進行は、基本的に岩や材木を加工し「建設資材」にしてから、設計図にそって資材を用意し建物を組み立てる、の繰り返しです。適度にイベントが挟まれないと作業感も凄くて、さすがに飽きてきます。

 人間達に教育を促したり、作業を分担させたりしますが、そのたびに自分が人々をひっ掴むビジュアルが何か怖い! 人々は悲鳴を上げてジタバタしますし……目は一点を見つめたまま、口が「~」で何を考えているか判らない表情も怖い。巨人になすがままにされている諦めや悟り、なのかしら。

 ところでこれは、自分が巨人で相手は普通の人間サイズなのか、それとも自分は人で相手は「こびと」?

 何気にこのゲームはBGMが良いです。
 カントリーミュージックと『空から日本を見てみよう』を組み合わせたような(?)曲調です。

 こういう昔のゲームをプレイしていて、助かるのが「文字が大きい」事です。最近のゲームは文字が小さいくて見づらい!
 文字が小さいゲームは「大きいサイズのモニタでプレイする」もしくは「PCのようにモニタの目前でプレイする」のが前提のフォントサイズなのでしょうけど、自分は家庭用ゲーム機は離れた21インチモニタでプレイする環境なので、小さい文字だと厳しいです。

 そうそう、このゲームは外国産ですが、テキストの日本語訳が、なかなかアレでナニな感じです。上画像のテキスト表示自体もなんだかオカシイし……。

)画像は、ゲーム画面が映っているモニタをデジカメで撮影したものです。
[2016/05/07 11:36] | [ 日記 ]ゲーム | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
サイトのアドレスが変更になりました 
[ 日記 ]日記  | TOP ▲
 住んでいる所のネット関係管理会社が急遽変更になり、サイト&メールのアドレスが変更になりました。

 サイトの新アドレスは『http://wwr8.ucom.ne.jp/maruto/』になります。
 サイト自体がもはやこのブログやtwitter、pixivやtumblrへのリンクページ状態ではありますが。今しばらく、お付き合いよろしくお願いします。

 以前のブログ凍結時にも思いましたが、突然、存在が消滅してしまうのは怖いですね。

 ↑)唐突に、先程撮影した夜桜。


)4/10現在、旧アドレスでもサイトには繋がるようなのですが、こちらからFTPサーバーに接続できなくなっているので、更新はできません。そちらが近々消滅するのか、それとも永遠に放置なのかは不明です……。


[2016/04/10 22:43] | [ 日記 ]日記  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
だから、ちょっぴり涙が出るのだ 
[ 日記 ]日記  | TOP ▲
 おかえりなさい、スピードの国の人々よ。
 2016年 F1世界選手権、開幕です。
 そして、しばしお別れ。スピードの国の人々よ。

 今年から日本でのF1無料放送が無くなり、フジテレビNEXTの有料放送のみとなりました。
 私的な経済的余裕の無さが理由で、ひとまずF1視聴からお別れです。

 昔、アニメ『ROD THE TV』を1話単位で有料視聴できるPPV方式で観ていましたが、そちらのように1レース単位(300~500円くらい?)でお金を払うシステムの方が、「観ないor興味のない番組にお金を支払うことによる割高感」が無く、気持ち的に手が出しやすいと思うのですが。
 時間変動することが多いスポーツ番組だと難しい方式なのかしら……。

 毎年、開幕前はF1雑誌の開幕直前号を購入して、ニューマシンや開催日程等をチェック。シーズン終了後はシーズン総集編雑誌を購入して復習。これにて私的F1シーズン閉幕! というのを長年続けていました。
 しかし去年は総集編も購入せず、今年も開幕直前号に手を出さずそのまま開催を迎えてしまいました。
 そう考えると、今年の無料放送の有無にかかわらず、今のF1に興味やロマンを感じなくなっていたのかもしれません。なぜそう感じた「原因」を考えても仕方がないのですが。

 いや、原因は何となくわかります。
 そしておそらく、今の世の流れではどうにもならない事です。悲しいね。

[2016/03/20 10:44] | [ 日記 ]日記  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ガンダムバトルオペレーション その3 
[ 日記 ]ゲーム | TOP ▲
 『ガンダムバトルオペレーション(通称バトオペ)』(前回記事:2015年11月)。
 ちょいちょい開催されている「シチュエーションバトル」。すぐ部屋に人が集まってプレイが初められるので、良いですね。
 開催中はその他の部屋が「閑古鳥が鳴く状態」になってしまいますが。

 この「シチュエーションバトル」で、初めてズゴックS型(四本爪)に乗れました。
 モーションは素のズゴック(三本爪)と同じなのかな。劇中でガンダムの盾に穴を開けた時のように、両手から同時にビームが撃てれば格好良いのですが。

 ↑)……何故か選択されるステージに偏りががが!(T△T;)

 画像は撮りませんでしたが、上画像のザク2(重装備仕様)、ズゴックS、ガンキャノンの他は同ステージでゴッグ、ザク2(マシンガン装備)×2回、ガンタンク、ジム(バズーカ装備)で出撃。何回ジャブローに散っているのよ……。
 でもこのステージの「地下基地」は、まだいいです。「シチュエーションバトル」では他に『震える山(鉱山都市)』『死にゆく者たちへの祈り(砂漠)』『ジオニックフロント(補給基地)』がありますが、地下基地以外のステージではマゼラ・アタックで戦車道が始まって鬱陶しいですから!

 マゼラ・アタックの砲撃は転倒効果があるのですが、そもそも転倒効果の武器って何?
 格闘武器での転倒は、視覚的にもまだ納得いくのですが、射撃武器での転倒は「ガキーン!」という効果音&その場に卒倒のビジュアルが本当に馬鹿みたいで、プレイしていてかなり萎えます。
 転倒後の無敵時間によるゲーム性もあるのでしょうけど……。
 
 ↑)何度か酷い目にあっているバグ。

 歩兵がこの位置から抜け出せなくなります。前転やバズ撃ち等の対処法を教えてはいただいたのですが、それでも脱出できずに途方に暮れる事あり。MSの上方から乗り込むと、このバグに合いがちなので、最近は相当注意するようにはなりましたが。

 画像はゲム・カモフなのですが、このMS、後ろから見ると頭がツルンツルンなのね……。

)画像は、ゲーム画面が映っているモニタをデジカメで撮影したものです(2枚目は加工したものです)。
[2016/02/26 17:47] | [ 日記 ]ゲーム | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
宇宙では、あなたの悲鳴は誰にも聞こえない。『ALIEN ISOLATION』 
[ 日記 ]ゲーム | TOP ▲
 昨年末、何か新しいゲームをプレイしたい……とストアを物色していたところ、キャンペーン価格で安価だったので『ALIEN ISOLATION(エイリアン アイソレーション)』を購入しました。
 私的に、CD(\3000)より安価だと「安い!お買い得!」と思うようで。

 凄いですねぇ、最近のゲームのグラフィックは。
 不気味で雰囲気満点な船内をウロウロしているだけでも楽しいです。
 楽しいですよ……。
 ……。

 ……あの……ですね、凄く……3D酔いするのですが……(T△T;)。
 ここ最近は、FPSゲームでも割と平気だったので、油断していました。

 何が原因なのでしょうかねぇ……。FPSでも『タイタンフォール』や『ヘイロー』は大丈夫だったのですが。TPSなら酔わないかといえば、私『ギアーズ・オブ・ウォー』はもの凄く酔いますし。
 カーレースものだと、まず3D酔いはしないのですが。

 そんなわけで、移動で酔ってしまってセーブポイントまでの移動で精一杯です。
 ううっ……。

160202_an03.jpg
 ↑)ようやく初・惨殺体を発見! 
 き、気持ち悪い……(3D酔いで)。

 こんな調子では、エイリアンと対峙して云々なんて、とても無理です(まだエイリアンとはご対面しておりません)。
 どうにかなりませんかねぇ……3D酔い……。


)画像は全て、ゲーム画面が映っているモニタをデジカメで撮影したものです。実際の映像はもっとハッキリくっきりで綺麗です。
[2016/02/03 00:53] | [ 日記 ]ゲーム | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
LINE(ライン)はじめました 
[ 日記 ]日記  | TOP ▲
 どうやらみんな『LINE(ライン)』というものをなさっているらしい。
 「みんな」といっても、子供がオモチャをねだるとき「だってみんな買ってもらってるんだもん!」的な「みんな」だと思うけれど。
 私だって、やってみたい。大事な用件で間違ってヘンテコなスタンプを送りつけて怒られたりしたい(漠然としたラインのイメージ)。しかし、私はラインをしていなかった。理由は周りで誰もやっていなかったから。

 現在使用しているスマートフォン『INFOBAR A03』に機種変更したときも、店員のお姉さんはラインのアカウント移行に神経を使っていたご様子(たいそう面倒らしい)。そこで私がラインをやっていないと知るや、まるでガンプラに興味無い少年を見るフミナパイセンみたいなリアクションになっていましたよ。

 だがしかし、友人が「ラインやるよ」というので、誘っていただき、ようやく私もラインを開始することができました。ライン初体験同士の会話(?)の全貌がこちらです。
↓CLICKで全体像
 ちなみにセリフ(文字)は全部音声入力です。フリック入力が超絶遅い私としては、スタンプで誤魔化せて大変よろしい。クマが洗濯物取り込んでいるスタンプを送ったのは、このときちょうど私が洗濯物をとりこんでいたからです。いやぁ、ライン、堪能しました。

 ……原始人同士の会話って、こんな感じだったんじゃあないでしょうか。





 2016年度の初更新になります。
 今年もよろしくお付き合いお願いします。

[2016/01/05 23:18] | [ 日記 ]日記  | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
理力と共にあらんことを 
[ 日記 ]ネタバレ映画 | TOP ▲
 『スターウォーズ バトルフロント(β版)』
 初日プレイは、みんな勝手がわからず手探り状態で、ワァワァと楽しかったです。
 しかし三日後くらいから早くも上手い人とそうでない人の差が大きくなりすぎて、復帰即死の連続。だんだんプレイが滞ってしまいました。
 ソロプレイ要素が充実していないと、ちょっと厳しいですね……のんびり練習もできない。という事で、製品版の購入は見合わせました。ゲームはまず、ソロプレイの楽しさが重要だと思うのですが……('△`;)。

 グラフィックや音は素晴らしかったです。初プレイ時の時は、まさにスターウォーズの世界に入り込んだ一兵士という感じで、感動的でした。

 ところで、スターウォーズの新作が上映されるそうですね。
 既作品の度重なる「いらん」改変もあったので、新作を喜びつつも若干「よせばいいのに……」と感じずにはいられませんが。
 登場人物の年老いた姿、というのが私的にあまり好きではないので、新作予告の老いたハン・ソロを見たときは複雑な感じがしました。チューバッカは変わらないなぁ……。

 私的には、やっぱりスターウォーズといえば最初の作品、エピソード4が一番好きです(でも一番好きなメカはBウィング:アクバー提督萌え)。


Star Wars Episode IV: A New Hope - Trailer

 大雑把な説明ですが、ラスト付近、Xウイングに乗るルークがデス・スターに爆弾をポイッと発射するけど、上手くいかなくてへこたれるシーンがあるじゃあないですか。そこで「ルーク…フォースを信じるのだ…」と、お爺ちゃん(老オビ=ワン)が優しくささやきかけますよね。そのシーンが最近の吹き替え版だと、お爺ちゃん結構厳しい口調なのですよ。

 「ええぃセンサーなんぞ切れ!!(意訳)」みたいな。

 そこで「えええええ(悲)」と衝撃を受け呆然としているうちに、気付くと「ジャッ!チャラッチャラッチャラッチャ、パパパパーパーパパパ…」とエンドロールになってしまいます。お爺ちゃん、もっと優しく言ってくれ!

 この作品、吹き替えバージョンがたくさんあるのですが、私の好きなバージョンはいったいどれなのでしょうか……。そして、そのバージョンのソフト入手可能なのでしょうか。
 少なくとも、ハン・ソロが「酒場で先に撃たれて避ける」という変更がされる前のものだとは思いますが。
[2015/12/07 21:28] | [ 日記 ]ネタバレ映画 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ガンダムバトルオペレーション その2 
[ 日記 ]ゲーム | TOP ▲
 『ガンダムバトルオペレーション(通称バトオペ)』(前回記事:2014年6月)。
 しばらくログインしていなかったのですが、 また最近ちょいちょいプレイしております。

 私的には、一年戦争時~0083あたりまでのMS同士でプレイするのが楽しかったのですが、ジーラインシリーズやペイルライダー&キャバルリー登場で何となく萎えてしまって……これらの機体、『機動戦士ガンダム』っぽくないじゃあないですか('△`;)。
 超電磁砲を持っているデザートジムを最初に見たときも「えー……」と思いましたけど。
 ジオンに比べて連邦側は機種不足になるのは仕方ないですけどね。

 ゲルググといいう機体は、このゲームをプレイするまで全く興味のないMSでした。劇中ではこんなに腰が締まっていなくて、凄いお相撲さん体型ですし、格好良い見せ場も無いし……。

 『バトオペ』のゲルググは、シュルシュルスパーン!という下格闘モーションがカッチョイィ!
 コレに一目惚れして、久しぶりにガンプラを買ってしまいましたヨ。

 ↑包み隠さない、酷い素組みっぷり。
 前のジム改と同スケールですが、ゲルググって巨体なのねぇ。
 これでは(敵の)弾がよく当たるわけですわ。

 気に入ったからといって、ゲームで上手く扱えるかは別問題です。
 自分は『先行量産型ゲルググ』の高い機体コスト相応の戦果はイマイチ出せません。復帰時間も長いし、手数も少ないですし。せめて鼻の穴からバルカンでも撃てればいいのですけどね……(そういう思いもあったので、ガンプラでは腕に副武装を付けました(;´ヮ`))。

 ↑まれに、誰に言われるわけでもなく、こういう編成になったりするのがジオン側の楽しさ。
 たいてい負けるのですが。

 『バトオペ』はオンライン専用ゲームなので、やっぱりプレイは気を遣います。プレイしたい時に即、出来るわけではないので、気軽に楽しみたい時には辛いです。
 ガンダムゲームは数あれど、『バトオペ』の重い操作感が一番楽しいです。ゲームシステム面では言いたいことが少なくないのですが、この操作感だからプレイしています。これでソロプレイできれば最高なのですが……。

[2015/11/08 15:50] | [ 日記 ]ゲーム | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲